「プロタイムズ部」兼「建築部」部長 石原貴夫

「プロタイムズ部」兼「建築部」部長 石原貴夫 目標は、ホームドクターのような存在になること。

「プロタイムズ部」兼「建築部」部長
石原貴夫


目標は、ホームドクターのような存在になること。

クロス張替などの小工事から古民家再生・一戸建て新築、リフォーム・建築一式まで幅広く担当しています。

リフォームでは、住みよさを向上させたり、見栄えを良くするために建物を補修します。
そんな中、私が特に重きを置いているのが「建物を長持ちさせる」ことです。
やはり、どんなに使い勝手や見栄えが良くなったとしても、肝心の耐久性や耐震性の改善が保たれないようでは問題です。
さらに、たった数年で再びリフォームが必要になるようでは、施工した意味がありません。

建物を長持ちさせることを前提に、お客様のご要望に一つひとつ応える。
そのうえで、末永く、快適な暮らしが実現できるようリフォームをする。これが私のスタンスです。
ただし、これを貫くため、お客様から言われるままには施工をしません。
なぜなら、オーダーのままにリフォームをしたとしても、本質的な改善につながるとは限らないからです。
当然ながら、私はリフォームのプロです。
これまで培ったノウハウや経験などを踏まえ、プロならではの提案をしながら施工を進めるべきだと考えています。

そうはいっても建ててしまった家は、簡単には中身を見ることができないものです。
さらに建物といっても木造住宅もあれば、鉄筋コンクリート住宅や鉄骨住宅などさまざま。
そんな中で20年も培った経験や実績を踏まえ、分析・判断し、最適な施工を行えるのも強みだと思っています。
これからもホームドクターとして、家まわりのことで何かあれば、真っ先にお声がけいただく。
そのうえで、一生のおつきあいができれば本望です。

社長のコメント

大手ゼネコン、新築住宅ビルダーに20年勤務し、2013年に弊社に入社。
現在リフォーム・建築工事のすべてを管理しています。
中途採用の彼は、正直私が入社を切望し引っ張りました。
塗装専門店である(有)三輪塗装が大きく成長するためにどうしても必要な人材だったのです。
おかげで現在では塗装屋でありながら建築工事も受注する事ができる会社になり、総合的に建物を守る事ができる会社になることができました。
ドまじめ施工で絶対に品質にこだわる仕事師です。