企業価値向上委員会

写真

企業価値向上委員会とは?

地域活動の重要な要となるCSRの専門家をはじめ、広告やウエブマーケティングの専門家。企業価値向上委員会を構成するメンバーは、そうした各界のプロフェッショナルです。地域活動をどのように行い、多くの方々に理解していだきながら広げていくのか。それぞれの専門家が意見を出し合いながら、円滑な地域活動の実現に向けて活動をしています。


メンバーから見た「三輪塗装グループ」

小澤 直人
三輪塗装・広報物の制作担当
ことばの制作所 コピーライター

写真

三輪塗装を形容するなら、どんな言葉がふさわしいのでしょうか。五方良しという理念のもと、信頼できる職人による、信頼できる塗装を提供している会社。技術だけでなくモラルの向上をめざし、定期的に勉強会を重ね、着実に成長しつづけている会社…。こう書いたら耳障りが良すぎて、「お前は仕事をもらっている身だから、いいことだけ書いているんだろ?」と言われそうです。もちろん、社長の想いが社員の方々に浸透しきれていない部分など、組織にありがちないびつさはあります。しかし、いろんな企業を見てきた私にとっては、それは大きな問題や支障には映らないのです。言い換えるなら、まだ成長過程にいる会社であり、今やっていることを続ければ解決していくことだと思っています。そして今、三輪社長は「100年企業構想」を掲げています。何を大げさな、と社員の方々は思っていることでしょう。ただ、打ち上げた花火は大きければ大きいほど、人を魅了するもの。そこに少しでも関われることを、私は役得だと感じています。


北村 隆幸
CSR担当
特定非営利活動法人 せき・まちづくりNPOぶうめらん

写真

CSRというと、大きな企業がやるものというイメージがまだあるかもしれません。しかし、地域の中小企業にこそ、CSRが有効だと考えています。地域の顧客を持つ企業が地域貢献活動することで信頼が生まれ選ばれる企業となるのではないでしょうか。
まさにそれを体現しているのが三輪塗装です。地域で企業活動をしていれば、コンサートや地元のお祭りなど、たくさんの寄付のお願いがきます。お願いする-お願いされるという形のそれでは、どちらにとってもwinではありません。戦略的に地域貢献を考えることで、企業にとってもメリットが生まれ、地域の団体にとっても継続的にサポートが受けられることにつながります。三輪塗装の富岡防犯パトの会との協定や、地域振興券の活動は、地域貢献であるとともに、企業の価値を高める戦略があります。三輪塗装は、地域中小企業の戦略的CSRとして、全国的にも先進的な取り組みをし続けています。


吉田 真
ウェブマーケティング担当
株式会社ゴッタライド 

写真

会社経営は『環境適応業』と言われたりしますが、三輪塗装という会社はまさにそれを体現していると思います。
人材の採用・育成、組織づくり、将来の事業化に向けた先行投資など、目の前の仕事に意識を奪われてしまうと、ついつい後回しになってしまうものばかりです。企業価値向上委員会では、社外の私たちを含めて未来から三輪塗装を見ています。100年企業というコンセプトに基いて、未来において地元の皆さまから愛され必要とされる会社であるために、今どうあるべきかを逆算して考える。わずかな変化かもしれませんが、着実に積み上げることで、会社の根をより深く伸ばすことができ、幹をいっそう太くすることになると信じます。